天開稲荷社は福岡県の最強パワースポット!奥ノ院がすごすぎる!

太宰府天満宮へ参拝される方は年間1,000万人を超えます。福岡県を代表する観光地ですが、その境内の奥には福岡県最強のパワースポットが存在することを御存知でしょうか。

その最強のパワースポットこそ「天開稲荷社」なんです。今回は天開稲荷神社がなぜ最強のパワースポットと言われるのか?どうやって行けばいいのか?行くときの注意点などをご紹介します。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク




福岡県最強のパワースポット「天開稲荷社」とは?

天開稲荷社は九州で初めてできた稲荷神社なんです。天開稲荷社は、鎌倉末期に京都の伏見稲荷大社から御分霊を御遷したお社だそうです。

御祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)
スサノオの子供にあたります。

宇迦之御魂神は、すべての人々の命の根源である食物、特に稲の成長を守護する神様です。
天に開かれたお社とされ、五穀豊穣、商売繁盛、そして人々に開運と幸福をもたらす神様なのです。

天開稲荷社の御利益とは

天開稲荷社は九州で初めて造られた稲荷神社として有名です。そのご利益とは「五穀豊穣」と「開運」「商業繁盛」です。

会社を営んでいる方や農業に従事されている方、これから会社などを興して頑張っていきたい方に御利益のある神社ですが、一番の御利益は「開運」です。

太宰府天満宮は大勢の参拝客で賑わっていますが、天開稲荷社はあまり人がいません。ゆっくりと宇迦之御魂神に開運をお願いすることが出来ます。

実際に天開稲荷社へ参拝した後に会社や商売がいい方向へ向かったという事が多いそうですよ。

スポンサードサーチ

天開稲荷社への行き方は?

天開稲荷社の場所はお石茶屋の横から上がるコースと、太宰府遊園地横から上がれます。太宰府天満宮の本殿からだと、本殿を抜けて梅園を超えるとすぐにお石茶屋が見えてきます。そこが天開稲荷社の入口です。

上がるというよりは登るです。特にお石茶屋から登るコースは結構傾斜が厳しいと思いますのでスニーカーとかの方がいいですよ。結構きついです。

ひたすら石段が続きます。登るのに5分~10分くらいかかります。10分も石段を登るのは結構きついですよ。

最後にはこの急こう配の石段が待ち構えています。しっかりと手すりを持って登りましょう。ここを登りきれば本殿が待っています。しかも下る時が結構怖い。急こう配の所には手すりがありますので、しっかりと手すりを持って降りてくださいね!

階段が苦手という方には普通に登る道もあります。少し遠回りになるけど急な階段を登るよりかは楽で安全だと思います。

天開稲荷社「本殿」

長い石段を登る事およそ10分、ようやく本殿へ到着です。お疲れ様でした。本殿には12本の綱と鈴、そして中央に大きな綱と大きな鈴があります。

まずは本殿の横の手水舎でお浄めを忘れずに!

スポンサードサーチ

天開稲荷社の「天開水」

手水舎の横には「天開水」という場所があります。なんともありがたそうな水ですね。下に「おいしい水をどうぞ」と書いてあります。「天開水」は飲むことが出来るんですね。

実際に飲んでみましたが、あの石段を登ったあとなのでおいしかったです。ありがたい水ですし喉も潤うので一石二鳥です。「天開水」はその名の通り、天に運が開ける水ですので、飲めば飲むほど運気があがる!かもしれませんね。

天開稲荷社本殿「干支の子鈴」

そしていよいよ本殿に参拝しましょう!なにやら12本の綱には文字が書いていますよ。

そうです。12本の綱には干支が書いています。ご自分の干支の鈴をまず鳴らしてください。自分の干支を神様へお知らせした後に中央の大きな綱を鳴らして参拝します。

この干支の子鈴を鳴らしてから中央の鈴を鳴らすのが天開稲荷社の習わしですのでお忘れなく!本殿の前には小さな社務所があります。天開稲荷社のお守りや絵馬を購入することが出来ますよ。

スポンサードサーチ

天開稲荷社「社務所」

ちなみに太宰府天満宮の社務所にも天開稲荷社の社務所が併設してありますので時間が無い方はそちらで購入してください。

こちらで天開稲荷社のお守りやおみくじを購入することが出来ますが御朱印を頂く事は出来ません。天開稲荷社の御朱印は太宰府天満宮の御朱印所で頂きましょう。

天開稲荷神社「奥ノ院」

本殿の横にある石段を登っていくとパワースポットである奥の院に行くことが出来ます。石段は短いのでご安心ください!

短い石段を登るとそこにある天開稲荷社の「奥ノ院」こそがパワースポットです。天開稲荷神社の本殿の真裏にあります。岩に囲まれてまるで古墳のような遺跡の様な佇まいです。実際に行った人でないとここの雰囲気は分からないと思います。とても神秘的な雰囲気を味わえるので是非行ってみてください。

スポンサードサーチ

天開稲荷社の御朱印は太宰府天満宮で

天開稲荷社の御朱印は太宰府天満宮の本殿横の御朱印所で頂くことが出来ます。せっかくキツイ石段を登って参拝したんですから御朱印は頂きたいですよね。

太宰府天満宮の御朱印の志は300円です。御朱印帳を持っていない場合はその場で購入することが出来ます。御朱印帳は1500円です。

太宰府天満宮の御朱印所はかなり混み合いますので時間に余裕を持って並んでください。特に17時を過ぎると御朱印所は閉まって社務所での受付になります。その時間も混み合いますので注意しておいてくださいね!

太宰府天満宮の御朱印についてもっと詳しく

太宰府天満宮へ参拝すると気になるのが御朱印ですよね。本殿横の御朱印所はいつも長蛇の列が出来ています。太宰府天満宮の御朱印帳の種類や御朱印帳の初穂料、御朱印を頂ける場所や時間などをご案内します。

天開稲荷社まとめ

今回は天開稲荷社への行き方や参拝方法、パワースポット「奥の院」についてご紹介しました。ご自分の干支の子鈴を鳴らすのを忘れないように!太宰府天満宮の本殿を中心に考えたら参拝時間は30分くらいみておけばいいと思います。そのあと太宰府天満宮の御朱印所で天開稲荷社の御朱印を頂くなら、さらに15分~30分くらいは予定しておいた方がいいですよ。

そしてなるべく軽装でスニーカーなどの歩きやすい服装で行くことをおすすめします。

天開稲荷社は本当に太宰府天満宮の奥にあるので見逃しがちですが、私たち福岡県民にはパワースポットとして超有名な場所ですので絶対に行ってほしい場所です。

是非、太宰府天満宮を観光する時はプランに入れておいてくださいね。

太宰府天満宮の観光プランについてはこちら

太宰府天満宮は年間600万人が訪れる福岡最大の観光スポットです。2019年の現在は太宰府天満宮をどのように楽しめばいいのか基本のポイントをまとめてみました。太宰府天満宮の参道グルメや最新のカフェ情報、境内、九州国立博物館、周辺の史跡は見どころ満載です。さぁ!梅ヶ枝餅を片手に散策を開始しましょう!天神様がお待ちかねですよ!